映画「君の名は。」を無料で見る方法を紹介中

【東南アジア】バックパッカー 1ヶ月の予算・費用・持ち物を紹介【一人旅】

ライフスタイル

 

変な動物
変な動物

バックパッカーをしようと思っているのだけど費用がどれくらいかかるかわからないから不安だなぁ

心優しいタコ
心優しいタコ

そこに東南アジアを1ヶ月間バックパッカーした人がいるよ

バックパッカー、1人旅をしてみたいので費用がどれくらいかかるか知りたいという方に送ります。

オハラです。2016年の2月を1ヶ月まるまる使って東南アジアをバックパッカーしてきました。

この記事では私が実際にバックパッカーしてみてかかった費用や実際に回ったルートを紹介していきます。行ってからもう3年も経ちましたが大きく料金が変わっているようなことはないと思うのでぜひ参考にしてみてください。

結論:節約すれば1ヶ月15万円以内に収まります

結論としては15万円あれば1ヶ月まるまる東南アジアで旅ができます。2月1日〜2月29日間東南アジアに滞在して126,000円かかりました。割と節約したのでケチりたくないという方は20万円ほど必要になりそうですが、頑張ればこれくらいの費用に収まります。

航空券の値段に関してはシーズンで変わってくると思うのでその点は留意ください。

東南アジアに1ヶ月滞在してかかった費用の詳細

改めて、2/1~2/29日間で東南アジアに貢いだ126,000円の行き先を詳しく紹介します。

移動費:57750円

長距離移動:55250円

空路:43000円

  • 成田〜バンコク(エアアジア)往復券:26000円(安すぎ)
  • ダナン〜シンガポール(ジェットスター):12000円
  • クアラルンプール〜バンコク(エアアジア):※5000円

※航空券自体は3000円です。最初、帰国日の早朝便(8時着)を予約したのですが、これだと成田行き(10:45初)に乗り遅れるかも、と考えてやむなく前日の便を予約しました。

幸い航空税(1500円)は返ってきたので合算して約5000円ということにしています。

陸路(バス・電車):12250円

  • バンコクからチェンマイ:1800円
  • チェンマイからメーホーソン:450円
  • メーホーソンからパーイ:500円
  • パーイからビエンチャン(チェンマイ経由乗り換え):4000円
  • ビエンチャンからフエ:3600円
  • フエからダナン:300円
  • シンガポールからクアラルンプール:1600円

短距離移動:2500円

鉄道は結構利用した記憶があったのですが、さすがの東南アジア価格ですね。タクシーをほぼ使用しなかったのも大きいかもですが。

宿泊費:17000円

安すぎぃ!!2回だけシングルルームに宿泊しましたが、基本ゲストハウスのドミトリーに泊まったおかげでこの価格を叩き出せました。夜行バスや空港泊もしていたので安上がりに済みましたね。

宿は全てBooking.comというサービスで予約しました。めちゃくちゃ助かりました。

食費:31500円

食費はお菓子や飲み物なども含みます。スイーツ依存症なのでほぼ毎日お菓子を食べてましたので結構かさみましたね。国ごとに見たら割と面白かったです。

  • タイ:7700円(2/1~2/11)
  • ラオス:3200円(2/12~2/14)
  • ベトナム:4000円(2/14~19)
  • シンガポール:12500円2/20~2/24)
  • マレーシア:2300円(2/25~2/28)
  • バンコクの空港:1500円(2/28)←豪遊した

シンガポールだけ5桁。しかも5日間で。サークルの旅行ということもありますが、とくにいつもと変わらない感覚で食事してたのにも関わらずこの価格です。シンガポールの物価の高さが如実に現れている。

シンガポールの物価をわかりやすく例えるために、東南アジアで最もポピュラーな料理、ハイナンジーファン(チキンライス)で比較してみます。

  • シンガポールのチキンライス・・・6SGD(シンガポールドル)
  • マレーシアのチキンライス・・・6MYR(マレーシアリンギット)

通貨の単位が違うだけで値段は一緒ですね。日本円に換算すると……

  • 6SGD=約480円
  • 6MYR=約160円

その差はなんと3倍!!たけぇよ!!!みなさんも気をつけてください。

海外旅行保険:6000円

なくても良くね?と思ってたのですが、一応契約しておきました。保険は比較サイトで最安値だったプランにしました→新・海外旅行保険【off!(オフ)】 | 損保ジャパン日本興亜

実際ベトナムで日本円を5万円入れていた財布が盗まれましたので契約してよかったです。電話対応も丁寧で安心でした。後日財布の購入時の値段の25,000円が返ってきました。

雑費:15000円

おみやげの他にヘアピンや石鹸、シャンプー、壊れたiPhoneの充電器などの固形物から、ゲストハウスでの洗濯委託代金など。あとカジノで100ドルすったのでそれも入っています。ほぼカジノ代でした。

 

以上、あわせて126,000円の出費となりました。卒業旅行で申し込んであったツアー代金は別にしているのであしからず。

マッサージとか1回くらい受ければよかった。

【スカイスキャナーが最強】航空券を最安で入手する方法

ここからは余談です。まず、なぜ東南アジアに行くことを決めたのかというところですが、結論東南アジアの航空券が一番安く入手できたからです。

当時大学生だった私は休学しており(実質留年ですが)、4月まで暇してました。そのモラトリアムも残すところ2ヶ月になったときに「そうだ海外行こう」と閃いたのがきっかけです。深い意味は全くなかった。

海外に行くにあたりまず考えたのはとにかく航空券の代金を抑えようということでした。

そのために利用したのが格安航空券比較サイトのスカイスキャナーです。

バックパッカー 費用
スカイスキャナーより

スカイスキャナーは航空券の最安価格を様々な条件で検索できるサービスです。今や航空券比較サービスは数多くありますが、このサービスの便利なところは月全体の最安価格を検索できるところ。

バックパッカー 費用

この検索条件は他のサービスだとできず、時間を持て余している方にとってはとても便利な機能だと思います。私の場合「2月中に行きたいな」と考えていたので、2月中の往復最安価航空券を検索しました。

結果、2/1出国、2/29帰国の成田〜バンコクの往復券が2月中のチケットで最も安かったのでこちらをポチった次第です(中国などは近すぎるのでNGだった)。その額26,000円。成田〜バンコクの往復券でこれは安すぎる。

期間も特に決まっておらず、どこでもいいから安く海外に行きたい!という方はこの検索方法がオススメです。

スカイスキャナーで格安航空券を探す

 

【5カ国行った】筆者が辿ったルート

次は私が実際にバックパッカーで回ったルートを紹介します。シンガポールは所属していたサークルの卒業旅行に合流するために行きました。物価高いし行く気はなかったのですがカジノが楽しかったので結果オーライ。以下が周遊ルートです。

成田→タイ→ラオス→ベトナム→シンガポール→マレーシア→タイ→成田
より詳細に記すと以下になります。
成田→バンコク(タイ)→メーホーソン(タイ)→パーイ(タイ)→ビエンチャン(ラオス)→フエ(ベトナム)→ダナン(ベトナム)→シンガポール→クアラルンプール(マレーシア)→バンコク(タイ)→成田

バックパッカー 東南アジア

手書きがこんなに難しいとは思いませんでした。

赤線が空路、黒が陸路(バス)となっています。なぜかカンボジアだけ行きませんでした。

マレーシアからはマレー鉄道に乗って徐々に北上していこうと思っていたのですが、料金が空路(クアラルンプール〜バンコク)とさほど変わらなかったので空路にしました。正直に言うと疲れていた

帰国日の前日にアラルンプールから空路でタイのドンムアン空港に到着し、空港泊をして、そのままドンムアン空港から成田行きの便に乗って帰国しました。

帰国日の前日の午後5時に空港に到着し、翌日の午前10時45分ドンムアン空港発の便に乗ったため、暇といえば暇でしたが、空港で過ごす1日もそれはそれで楽しかったです。

移動方法が非常に豊富なため、ルートは十人十色になると思います。

変な動物
変な動物

空港券だけとってもどのように旅をすればいいのかわからん

という方もいるかもしれませんが、

ここは絶対に外せないという場所をまずピックアップして、そこから逆算していくと自ずと道のりが決まっていきます。

私の場合はシンガポールとパーイ(タイの白人バックパッカーが集まるリゾート地)はマストで行きたかったので、じゃあそこにいつ、どのように移動して到着すればいいのかを逆算、残った日にちでどこに行くのか……といった具合で決めていきました。

これバックパッカーなのか?

移動プランをやむなく変更することはあったか

一度だけありました。タイのパーイという町からラオスのビエンチャンに向かう時の出来事です。当日バスの予約をしようとしたら満員だったため、移動を1日ズラしました。

詳しく解説すると、パーイからビエンチャン行きのバスの予約がネット経由でできず(ほかは大体できた)、現地で予約をする必要がありました。

長距離バスの類の予約は遅くても前日に予約しておくのが基本なのですが、予約をするつもりの前日に高熱を出してしまい(多分食中毒)、全く動けなくなってしまったんですね。人生で初めて緑色のう◯こが出ました。

翌日バスの予約に向かうと案の定当日分は満員。仕方なく翌日のバスを予約したという次第です。

陸路の長距離移動については当日予約はまず不可能と考えて動くくらいがちょうど良さそうです。ズレたことによる支障はとくになかったです。

 

現地の出費だけではなく準備費用もそれなりに必要

さらにさらに余談ですが、旅をするにあたり、必要な物資を揃えるための予算もそこそこ必要です。

荷物リストを公開した際に「用意周到すぎる」というコメントがありましたが、バックパッカー初心者の人はできる準備はするに越したことはないと思っています。

現地で「あれがねぇ詰んだ!」となっても時すでに遅しですしね。必要がなくなったら捨てれば良い。現に私の最終的な荷物のほとんどはお土産に成り果てました。

初めての一人旅だった私の場合でいうと、物資を揃えるだけで80,000円は使いました。なので現地での出費も合わせると大体20万の出費になります。

初期投資は意外とバカにならないのでバックパッカーを初めてする!という方は準備資金も頭に入れておくと破産せずに済みます。私はクレジットの返済地獄に追われました。

バックパッカーをする時に絶対に必要な持ち物リスト

最後にこれだけは必要だぜというものを紹介していきます。持っていないものがあったらこちらの費用も念頭に入れて旅の計画を立てましょう!

バックパック【¥2500〜30000】

↑これくらいの値段帯なら安心

「1ヶ月くらいなら30Lでもいけるっしょ。今使ってるやつでいいや」と思っているとパッキング中に絶望します。Amazonで3,000円くらいで売られている、40Lと明記されたバックパックも同じく絶望します。

私がまさに2,700円くらいのバックパックを購入して絶望した者なのですが、後者は明らかに40Lも入らない上に旅の途中にぶっ壊れました。

「今回の旅はお試しで2回目の旅はあるかどうかわからない」という方は安物でもいいと思いますが、骨の髄までバックパッカーに染まりたい方は安心と信頼のアウトドアブランドのバックパックを購入しておくべきです。

 

カメラ【¥20000〜∞】

スマホのカメラで構わないという方は必要ありませんが、せっかくの旅の景色を綺麗に残したいという方は購入しておくべき。

私はオリンパスのペンライトというミラーレス一眼を持っていきました。上のリンクのやつです。参考までにPhoneとミラーレス一眼で撮影した写真の比較です。

 

スマホ(iPhone6s)

バックパッカーでマレーシアにいた

 

ミラーレス一眼カメラ

(あまり変わらないだとぉ……?!)

MUSTな雑貨類たち【¥〜8000】

バックパッカーの持ち物やで

すごくざっくりになってしまいますが、例えばS字フックや南京錠、トラベルポーチなど。こういったものは日本の方が安かった。とくに100均で揃うものは全部買っておくと後々楽です。

バンコクにて、日本と同じものを売っているダイソーを発見しましたが、全て60バーツ(約180円)〜でした。日本で買ったほうが安いものもあるんですね。ちなみにS字フックはダイソーでしか見かけませんでした。

 まとめ:20万円あればなんとかなる

1ヶ月の東南アジア旅の費用を紹介してきました。節約旅を送るならスカイスキャナーBooking.comはマストで使うべし。海外での高速バスや航空券の予約の仕方を知りたいという方はコメントくださればがんばってお答えしますよ〜!

コメント

  1. hayatesuku より:

    ホテルの予約とかは当日とかできますか?

    • オハラ オハラ より:

      コメントありがとうございます!
      2年前の経験なので現在はわかりませんが、当時は当日でも全然できましたよ〜!
      ご参考までに:D

      • hayatesuku より:

        七月一人で行こうと思ってて
        参考にさせてもらってます!

        • オハラ オハラ より:

          おおお!そうなんですね!楽しんできてください(^^)
          私の経験から伝えられることはなんでもお答えするので気軽にコメントくださいませ!

          • hayatesuku より:

            英語は話せるんですか?
            自分は話せないですが大丈夫ですか?

  2. hayatesuku より:

    周りに相談できる人がいなくて
    よかったらラインで相談乗ってくれませんか?

    idは
    hayatesukuです!

タイトルとURLをコピーしました