【9/20~】増税前ラスト!Amazonタイムセール祭りの攻略法・目玉商品

【18日発売】吉野家「チキンスパイシーカレー」を食べてみた結果、松屋のカレーが恋しくなった件

ライフスタイル

松屋も食べました。

【都内某所】

吉野家に、

 

き、

 

キタぞォーーーッ!!!

 

目当てはもちろん「チキンスパイシーカレー」。牛丼?眼中にないね

 

松屋のカレーはトッピングのバリエーションに定評がある。黒カレーを販売休止し、満を持して現れたスパイシーカレーシリーズも従来通りのトッピングが可能だ。

 

その中であえて「チキンカレー」をメニューとして目立たせるという明らかな“松屋への挑戦”。漢の中の漢だ。

 

オフィスが好きなのでテイクアウトした。ワクワクが止まらない。たかが牛丼屋のカレーにこんなにワクワクできるなんていい時代が来ましたね。

ビジュアルは悪くない。むしろ美味しそうだ。鶏肉のごろごろ具合は松屋のそれと匹敵しているように思える。

 

ルーはサラッとしている。黒カレー要素は完全になくなっているようだ。

 

吉野家カレー初の”チキントッピング”。絶対王者松屋に正面から挑戦していく姿勢はとても好感が持てるが、果たしてこれが吉と出るか、凶と出るか……。

 

コメをよそい、それをカレーにくぐらせて頂くのが筆者のスタイルだ。いただきます。

なるほど。

 

うまい。確かにうまい。うん。うまいんだけど・・・う〜ん・・・何かが足りない。

たくさんのスパイスを使い、刺激的な風味はあるがそれ以上の驚きがない。それっぽく言うと深みやコクがない。良く言えば非常にあっさりしている味わいといったところだろうか。

この時どうしても松屋の「ごろチキ」と比較してしまい、「自分はここまで松屋に飼い慣らされているのか」と誇らしく思ったものだ。

 

鶏胸肉を使ったチキンはタンドリー風味に味付けされていてカレーの風味を補強してくれる。こうなるとスパイシーカレーはチキンをトッピングすることで完成すると言っても過言では無さそうだ。口の中でしっとりとほぐれていって食べやすい。

胸肉特有のパサパサ感はだいぶ払拭できているように感じたが、若干は否めない。仕方ないと言えば仕方ないが、松屋のそれはもっとプリプリしていたなぁ…と思いを馳せる。

※筆者は断じて松屋の回し者ではない

 

カレールーをかける。

 

かける。

 

かけまくる。カレーを止めるな!

 

この惜しさはなんなのだろう。うまいことは間違いないのだが、足りない。なにかが足りない。筆者が一口目を食べて抱いた感想を言葉を選ばずに言うならば「弱い」だった。このカレーは弱いんだ。

 

スポンサーリンク

「チキンスパイシーカレー」総評

完食。ごちそうさまでした

「チキンスパイシーカレー」の総評を一言で言うなら「カレー屋以外が出すカレーの中ではなかなかのレベル」といったところだ。正直に言って松屋のカレーには勝てないなと思った。松屋の濃さに慣れてしまった人にとっては物足りなさを感じるだろう。

レトルトカレーで言うならジャワカレーに似た味わいなので、あっさりめのカレーが好きという方には刺さるかもしれない。

しかし、チャンピオンのごろチキに真正面から挑戦を挑んだ姿勢には率直に好感を持てた。ごろチキ党の方はこの挑戦を真摯に受け止め、ぜひ一度試してほしいと思う。来年のチャレンジもお待ちしてます。

 

 

 

次回、

 

絶対王者、あらわる

 

食べました。

 

「創業ビーフカレー」も食べました。

 

「四川風麻婆豆腐(2019 summer ver.)」も食べました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました