サイバーマンデー2019!おすすめ商品・目玉商品を紹介中

素人がブックオフで本を買ってせどり(転売)に挑戦してみた|仕入れ&出品編

本せどりに挑戦する娼年ライフスタイル

オハラ(@ggrks927)です。ブックオフで本のせどり(転売)に初挑戦したのでその記録を書いていきます。

せどり自体はブランド古着の転売でちょっとかじった時期があるので、完全に未経験というわけではありません。ただ本は初めてなのでメモがてら記事に残していこうと思います。第一弾では

  • 筆者のせどりに関する経歴
  • せどりをしようと思ったきっかけ
  • 実際に購入した本
  • どこで出品するのか

という点について書いていきます。よかったら参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

筆者のせどり歴

大学生の頃(4年くらい前)に古着の転売を行っていました。3ヶ月間くらいゆるゆるやって購入した点数は30点くらいでしょうか(少ない)。

当時の方法はシンプルに売れるブレンドを安く買ってメルカリもしくはヤフオクで売るというやつ。仕入れはジャンブルストアやトレジャーファクトリー、ドンドンタウンといったブランド古着屋のセールを見計らって行っていました。

利益が全然出ず、さらにろくに記録も取らずにやっていたので収支は-5000円くらいで終わったかなーと記憶しています(そこまで高額商品には手を出さなかったので)利益になっていないのでシンプルに時間は無駄になりましたw

服のブランドの知識が割とあったので挑戦してみたのですが、売り方が悪かったのかなかなか厳しかったですね……。ということでせどりで稼げた経験は0ですが、メルカリやヤフオクで相場を見て仕入れるという基本的なせどりの方法論は頭に入っている状態です。

 

本せどりに挑戦した理由

そんな大した理由ではないのですが、

  • 何気なく行った近所のブックオフで20%オフセールが開催されていた
  • 偶然興味があった本が相場よりも結構安い値段(2割引なしでも)で売られていた

の2点です。詳しい説明は以下(突然の物語調)。

「適当に本でも買うかぁ〜」と思って近所のブックオフに行ったら、偶然2日間の本の20%オフセールの最終日に立ち会えて幸せでした。軽くマンガを立ち読みして(月牙十字衝!のやつ)ビジネス書のエリアに向かうと

いたんですよ、せどらーさんが。

この人がすごくて、スマホ片手に本を流し見してかごに入れるの繰り返しを超高速でまわしてて。筆者が目撃した時点で30冊くらい積んだかごを3個分もっていました。

この時点ではまだせどりする気はなくて「はえ〜すごい人がいるなぁ」と思いながら平和にビジネス書を眺めていました。その時です。話題の本が、というか自分の中で話題だった本が超安く売られていました。多分3ヶ月前くらいに発売した本でずっといつか読もうと思っていた本(あとで紹介します)。

すかさずメルカリで相場を確認すると余裕で利益が出る値段。こっからせっかくなのでちょっとだけやってみるか〜って感じでゆるっと売れる本を探してみて買ってきたって感じです。

 

どうやって本を選定したか

「本 せどり」で検索して上位に出てきた記事を読んでみて「どことなく仰々しそうな雰囲気の本が売れる」という情報をインプット。あとは自分の勘でいい感じの本を手に取って値段を見てAmazonとメルカリで相場の確認をするという流れで行ないました。ツールとかは使わず、完全に勘です。時間を無駄にしすぎている。

メルカリの画面

有名そうな本はメルカリは本の名前で検索して相場をざっと確認。手数料&送料を考慮してある程度利益がでそうであれば購入しました。

 

Amazonの画面

Amazonの方がメインで、

  1. まず新品があるかを確認
  2. なければ中古品の料金を確認
  3. 値段差があれば購入

という流れで購入しました。一つすごいお宝を仕入れられた気がするので楽しみにしていてください。

改めて調べるとモノレートというを使うともっと簡単に相場が調べられるみたい。今回ちゃんと利益がでて続けられそうだったら活用してみます。

 

総額約1万円!購入した本を紹介【全部で14冊】

せどり用に買った本

購入した本は全部で14冊です。しめて10,350円。正直5,000円くらいだと思っていたので結構動揺した。利益でるといいなぁ。。。

改めて見てみるとせどり目的よりも普通に読みたいと思っていた本のほうが多くて驚愕しました。それでも値幅が小さいものを選んだので一冊あたり全体でみたら+になってくれると信じてる。

何点かピックアップして紹介します(購入額は20%OFF済み)。

 

目玉!名画の経済学

名画の経済学

今回の目玉はこれ!販売価格が2460円だったので実質約2,000円で購入できました。最も高額な本でしたが、Amazonの値段を確認してみると……

 

マ!?(2019年6月2日時点)

これの値段Amazonでみたときリアルに目ん玉飛び出ました。ぶっちゃけAmazonでの出品の仕方もわからんが、頑張るぜ(これから書いていきます)。

 

西洋美術解読事典―絵画・彫刻における主題と象徴

値引き入れて1,600円で購入。3,320円から出品されていたのでまぁ利益だせるかなと。

 

新装版はまさかの15,000円オーバー。惜しい……。

 

the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

610円で購入。後述しますがメルカリに出品したら秒で売れました(利益はない)。読みたかったからいいのだ。

 

ヒットの設計図

せどりをやるきっかけになった本です。割と新しめの本なのになぜか460円で売られていたんですよね。20%OFFで約370円。

 

メルカリの画面

 

メルカリ、Amazonともに1,000円以上で取引されていたので「これはいける……」と思いほかの本の収集にも乗り出したという次第です。

 

エルレガーデンのバンドスコア/RIOT ON THE GRILL

本のせどりについてちょっと調べてみたときに「バンドスコアは売れる」という情報があったのでお試しで購入。370円でした。一応1,000円以上の取引相場なので利益出ると信じてる。

hideのバンド・スコアいっぱいあったし買っておけばよかったかな。

 

誰のためのデザイン?

870円で購入。中古2929円からでいけると思いきや新板の方の相場見てた!買ったの旧版!中古価格267円からで無事死亡!

メルカリに希望を託した。

 

蘇る変態

108円だったのでメルカルの相場をみて購入しました。メルカリの最低販売価格(300)円で売ってもトントンなのでなんとかなる(錯乱)。

 

てな感じです。別の記事で全ての詳細書きます。多分。

 

出品はメルカリかAmazonか

メルカリも考えましたが、本はAmazonマーケットプレイスがベストアンサーぽいです。

筆者がTwitterフォローしているせどらーのともぞうさんも使っているみたいなので。理由は

  • 圧倒的な母数の多さ
  • 自動出品機能などが充実

という点。メルカリも使い慣れているので楽ですが、一度Amazonでの出品にも挑戦して平行しながらやっていきます。

 

Amazonセラーの登録手続きを進める

Amazonセラー登録画面

まずはAmazonセラーとしての登録手続きを済ませていきます。登録は個人情報を入力していけばOK。店舗名なども決める必要があるので考えておきましょう。

筆者は”ワクワクマート”で行くつもりがすでに他の方が登録済みだったので”ワクワクマート2号店”にしました(”該当する店舗名がありません”は他の方が利用中ということだと思う)。ワクワクマートの方に申し訳ないしもっと本に寄せた感じの名前にすればよかったと後悔しています。

 

Amazonセラーの登録画面

販売する商品のカテゴリなども書きます。

Amazonセラーの画面

 

登録が完了すると大仰な管理画面へ。なにがなんだかわからん。

 

Amazonセラーの手数料【割と高め】

Amazonセラーの手数料

手数料に関しては大口小口の2種類の手数料の体型があるみたいです。違いは1つだけで

  • 大口・・・月々4,900(税抜き)の手数料
  • 小口・・・1点成約ごとに100円の手数料

がかかります。これだけだったらメルカリの出る幕が完全にないように感じますが、さらにプラスでカテゴリごとに定められた手数料が差し引かれます。これが結構高くて本の場合は

  • 販売手数料・・・15%
  • カテゴリ成約料(?)・・・ 80円

の2つの手数料が別途かかります。カテゴリ成約料てなんだ。ややこしいし高いしメルカリが良心的に見えてきました。

手数料一覧はこちら(Amazon公式)

でもAmazonの場合は送料が購入者負担のケースが多いからその点を考慮するとトントンなのかな?筆者はとりあえずお試しでやってみたいので小口で登録したつもりだったのですがここで事件が……。

 

間違えて大口出品者で登録してしまった件

Amazonセラーの管理画面

小口で出品で登録したつもりが、大口出品で登録してしまっていたみたいです。銀行口座を登録したら引き落とされてしまいました。本で利益が出たとしてもほぼ大口の契約料に消えてしまう……痛い………。

けっこう焦りましたが、Amazonのテクニカルサポートに問い合わせたところ返金が可能だったのでご安心ください。別の記事で詳しく解説しますね。

 

Amazonに出品できない?出品は本人確認が済んでから

Amazonセラーの画面

この時点でなんどか目玉の「名画の経済学」の出品を試みていたのですが、

なんど挑戦しても上記の

登録されているクレジットカードが無効である、またはクレジットカードが検証プロセス中で、それには最大24時間かかる場合があるため、現在出品リストを追加または編集することができません。 アカウント設定にアップロードされた有効なクレジットカードがあることを確認してください。
という文言に阻まれ出品ができず。
これについてはテクニカルサポートの方と返金について電話しているときに「クレジットカードの情報に不備、大口の支払いが済んでいないからかい?」と訪ねた結果、「メールで届いていたはずの本人確認が済んでいなかったから」と返答がありました。おっ茶目〜☆
Amazon

こんなメールが届いてました。リンクから本人確認ができます

本人確認が結構厳しめで、

  • 顔写真付きの本人確認書類
  • 直近の通帳残高

などの送信が求められます。6月2日の20時ごろに確認フォームを送信すると「6月9日までには回答します」と返答がありました。結構かかる。

と思いきや翌日の10時ごろにAmazonから審査結果のメールが届きました。早かった。結果は非承認。

“クレジットカードの取引明細もOK#と書いてあったのでブックオフで本を買った時のレシートを添付したのですが、これではダメだったみたい(そりゃそうか)。6月4日におとなしく通帳の取引明細のPDFを送信しました。

これが終わればめでたく出品できるはず!

 

とりあえずメルカリに出品した結果秒で売れた

なにも出品しないのももったいない感じがしたのでとりあえずメルカリで高額で売れそうなものを出品した結果すぐに「the four GAFA」が売れました。さすが人気書籍。

 

メルカリ

 

610円で購入、手数料と送料を引いたら720円での売却なので110円の利益がでました。

 

やった〜

 

GAFAに関してはプラマイゼロになればいいやって思っていたので利益が出てくれて嬉しいです。

メルカリに出品するのはAmazonとメルカリでそこまで売値の差が大きくない商品たちにするつもりだったのですが、そこまで値段の差があるものがなかったのでほとんど出品してしまいました。まぁいいよね。

「名画の経済学」と「西洋美術読解事典」はAmazonのみで売ります。

 

メルカリとMOROHA

6月4日にMOROHAのアフロさんの自伝「俺のがヤバイ」も売れました。870円で買って680円での売却なのでこれはマイナス。1,000円くらいで出品してても多分売れてたな……。まぁ190円で読みたかった本が買えたということでおけまる水産です。

美術の本に期待や!

 

まとめ:セール時に狙うのは楽しいかも

せどり初挑戦の模様をお届けしました。なんだかお宝探しをしているみたいで結構楽しかったです。

ツールを使って手当たり次第に本をさらっていくのがベストなのでしょうが、息抜きがてらやってみるのも悪くないな〜と思いました。時給換算したらバイトよりも割が悪そうですが、楽しかったからOKです。

利益をだすのはもちろんですが、自分が読みたいと思っていた本がほぼ0円ないし軽く利益を出しつつ購入できたのはシンプルに嬉しかったです。ブックオフのセール情報はマメに確認しようと思いました。

また本が売れたら報告していきます!

 

P.S. ガチンコのせどらーさんが筆者の後ろを通るとき、筆者がかごに入れていた本をいちいち凝視していくのがちょっと面白かったです

コメント

タイトルとURLをコピーしました